2015年03月28日

低年齢化している視力低下

ソイスリム


全く新しいダイエットチップス ソイスリム【SOYSLIM】




文化省より発表された昨年度の学校保健統計調査によると、視力が1.0未満に落ちた児童の数が、幼稚園児26.53%、小学生で30.16%、中学生53.04%、高校生62.89%という調査結果となり、前年度と比べると増加の傾向にあったようです。
幼稚園児の結果は平成24年度についで高い結果となっており、
毎年に視力低下の低年齢化が深刻化しているようです。

通常学校の視力測定は、皆様もご存じのとおり、授業を受けるうえで支障がないかを調べるための検査であり、屈折異常(近視・遠視・乱視・弱視)を調べるためのものではありません。

それから1日でたくさんの人数を調べるため、目を細めたり、大きくしたり、強い瞬きで見るといった不自然な見方までは、検査の基準となっていない場合が大半の様です。

そのため、学校での視力測定では問題が無くても、怪我等で眼科受診した時に、近視であることが分かったというケースや、また、昨年も今年も学校ではB判定で、そんなに問題はないだろうとそのまま何もせず、しばらくたって初めて屈折検査をしたときには、もうすでに最強度近視になっていたという苦い経験をされた方も多いのではないでしょうか?

近視に限らず屈折異常からの視力低下は、早期であればあるほど早く回復もよく、逆に進行するとその分根気も必要となりさらに進行すると回復も難しくなってきます。

屈折異常からの視力低下は、環境的要因による所も多くなるため、普段からの生活習慣や環境の中でも、低下要因には配慮し、その上で健康管理の一環として年に数回、定期的に視力測定と屈折検査を受けることをお勧めします。視力低下の兆候が見られたら、早期に視力回復のためのトレーニングやサプリメント等で目に十分な栄養を補充することをお勧めします。SBC新宿近視クリニック

味楽家の幸せだし


通常価格2000円(税別)のところ、定期コースは初回980円。「味楽家の幸せだし」


posted by 寝不足 at 19:02| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。