2015年09月13日

心筋梗塞を予防する方法

頑固な便秘を解消する「どっさり満足ダイエット」
年間の死亡原因は、およそ四名に一名は脳や心臓の血管障害で死亡しています。
原因となるのが動脈硬化。
血管の老化が進むことで起こる病気です。
急な死や入院生活を防ぐためにも血管を若く保つ生活を心にとめておきましょう。
血管は老化し続けています。
体全体を巡る血管は臓器に酸素と栄養をおくる頼みの綱です。
『もしこの血管がつまったら・・・』四十歳を過ぎるとほとんどの人は動脈硬化が始まります。
コレステロール値や中性脂肪値が高い人、
また血圧の高い人は、
血管の老化が・劣化が早く、
ある日突然血管が詰まって、
脳梗塞や心筋梗塞を発症する危険があります。
三十の後半を過ぎたら血管を若く保つ生活を忘れないようにしましょう。
血管年齢の対策として、優れた働きを持つのがマンボウの生肝油です。
マンボウの生肝油には、血管や血流にいい働きを持つといわれる、DPA(ドコサペンタエン酸)、DHA、EPA、α-リノレン酸、ビタミンEなどの成分が豊富に含まれ、次のような作用があります。

作用①血管をしなやかで若々しい状態に保つ
作用②血管の内側に入り込んだコレステロールを取り除く
作用③血液をサラサラにする

このように血管を正常にする働きにより、
血管トラブルを解消してくれるのです。
これ以上に、
高血圧の予防、老化予防、肝機能改善、美肌効果にも効果があります。
詳細はこちら
マンボウ肝油はサメ肝油の10倍!サラサラ生活を考えるあなたへ。
久留米脱毛サロンガイド

Dr.AQUA ドクターアクア


毒を盛らず細胞を育てる! 最先端の再生医療技術が生み出した本当のスキンケア!


posted by 寝不足 at 18:09| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年07月30日

疲労回復やスタミナ強化に

男の精力サプリ「マカエンペラー」


いつまでも現役でいたい中高年男性のための、活力精力アップサプリ「マカエンペラー」


さあいよいよ夏本番ですが、
体の調子を壊しやすい期間でもあります。

梅雨から夏にかけて、
脾胃の働きが活発になります。

脾は湿を嫌うので、水分摂取量が多いこの期間は、
脾胃の疲れが現れやすくなります。

また、脾の働きが悪くなると、水液の代謝が悪くなるため、余分な湿を取り除くことも重要です。食欲不振・胃もたれなどの症状が出やすくなるので、
脾胃の働きを強化し、消化器系の働きを助けてくれる健脾作用のある食材を取り入れながら、熱をとり、湿を排出する働きのある清熱利湿作用のある食材を使用します。

清熱利湿作用のある食材は、
アスパラガス、セロリ、胡瓜、豆腐、しじみ等があります。
その中から今回おススメするのが【アスパラガス】。
この時期のの健康をサポートしてくれる成分が豊富に含まれています。

アスパラギン酸・・・疲労回復やスタミナ強化、新陳代謝を促す。

食物繊維・・・便通を促し、コレステロールを低下させる。

ルチン・・・毛細血管を強化し、動脈硬化を予防。

カロテン・・・細胞の結合を強化するコラーゲン生成を助ける。

ビタミンE・・・血行をよくし、肩こり、冷え性を予防。

アスパラガスの調理方法のポイント

①β-カロテンを効率よく摂取するために、油脂と一緒に調理することをお勧めします。
特にゴマに含まれる油脂との相性が抜群です。

②ゆですぎに注意

ビタミンの損失を防ぎ、食感を楽しむためにもゆですぎに注意しましょう。
根本、茎、穂先と時間差でゆでるとゆですぎを防止できます。

きれいになりたい女性の為のサイトSLIM & BEAUTY

オーガニックレーベルの葉酸サプリ

ビタミン・ミネラルもたっぷり摂れる100%無添加サプリ【オーガニックレーベルの葉酸】


posted by 寝不足 at 16:15| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年04月14日

エバーカットナイフ 研がなくていい包丁

痛風・尿酸値対策にオススメのサプリ【慈凰お試しパック】

アンセリン配合量を比べてください!

近頃は、便利なものが多くなりましたね。
少し前に、エバーカットというカットナイフを知りました。
このナイフはフランスのTARRERIAS-BONJEAN社により、5年間の研究・開発を経て完成された次世代の包丁です。
優れた切れ味の品質と並外れた耐久性がエバーカットナイフの魅力です。

このカットナイフは25年間研がなくていいのです。
なぜこのようなナイフが開発されたのでしょうか?
このような結果が出たからなのです。
フランスで2010年に実施した調査によると、
フランス人のうち、
「包丁の研ぎ方が分からない」
「包丁を自分で研ぐのが嫌い」
「包丁を研ぐ機器を持っていない」
という人達の割合は、何と38%に達しました。
(「自分で包丁を研ぐ人」は、62%に留まりました。)

また、若い世代では傾向はもっと顕著になり、
18から24歳では実に32%が、33歳から44歳でも27%の人が、
一度も研がずに包丁を捨ててしまうことがわかりました。

日本人でも似たような調査結果になるでしょう。
研ぐのに必要な便利グッズは結構巷に出回っていますが、
ここまで研がなくていい包丁はあまり見たことがありません。
ステンレスの包丁でも研がないと切れ味が悪くなります。
・一般的なステンレス包丁で1ヶ月に1回の研ぎ
・EVERCUTなら300ヶ月(25年)に1回の研ぎ
ということです。

料理をする方には、非常に活躍する包丁ではないですか?
公式サイトはこちら
http://evercut.jp/

美しくなりたい女性へのサイトSLIM & BEAUTY

メンズファッション雑誌BITTERの公式通販サイト【BITTER STORE】

ダブルやキャバリアなど人気ブランドの通販


posted by 寝不足 at 17:39| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。